EDは2種類の原因や治療法があるという事実

落ち込む

 

勃起不全はその原因によって2つの種類に分かれ、それぞれ治療法も異なります。
少しでも早く改善できるように理解を深めておきましょう。

 

機能性勃起不全。

 

機能性というとメカニズムの話のようですが、そうではありません。

 

  • 心の中の不安
  • ストレス
  • 精神的な病
  • 性器へのコンプレックス

 

などの心理的な要因(心因)によって勃起不全になる場合です。
この心理的な要因には3つの原因があります。

 

直接的なストレス要因で、たとえば何かの拍子でSEXがうまくいかないときに、
パートナーから「ダメな人ね」などと言われたことがトラウマになって、
それ以来SEXに対して不安を持つようになってしまった場合です。

 

これは比較的治療しやすく、薬やサプリメントの服用で改善するケースが多いです。

 

 

次に結婚生活や日常生活で人間関係がうまくいかない、仕事がうまくいかないなど、
性的な話とは別の部分でストレスを感じている場合です。これも薬やサプリメントの服用で改善が見込めます。

 

 

最後は子供のころに何らかの性的なトラブルに巻き込まれ、
それが精神の深い部分でトラウマになって勃起不全になるという場合です。

 

これは治療が非常に難しく、
精神科の受診などによってその根幹の
トラウマを取り除くようなことをするしかありません。

 

 

器質性勃起不全

 

これは、精神的なものとは全く無縁で、
具体的には陰茎の神経、血管、組織などの障害や
男性ホルモンの低下などによって起こるものです。

 

これらはその根幹の理由が糖尿病などのほかの病気の場合が多いので、
この勃起不全の治療法としては、それらの根幹の病気の治療ということになります。