今日から試せる中折れを改善する為の3つの方法

 

なぜここで・・・!!

 

中折れしてしまうんだ・・・!!

 

 

中折れはちょっとした行動で改善に向かうことができます。
今日から試せる中折れを改善するための3つの方法を紹介します。

 

 

男性ホルモンの分泌量を増やす生活習慣

 

 

中折れの原因として男性ホルモンのテストステロンが減少している事がまず考えられます。

 

なので中折れを改善する為には生活習慣を見直してテストステロンの分泌量を増やすことが重要です。

 

ちなみにテストステロンとは男性らしい体や思考回路にする働きがあり、
勃起時にはペニスに血液導入を促す一酸化窒素の供給する役割を担っています。

 

 

そんなテストステロンは加齢、ストレスにより減少するので、テストステロンの減少が原因の中折れを改善する為には男性ホルモンの分泌量を増加する生活をする必要があります。

 

 

まずしっかりと睡眠を取ることが大切で、睡眠不眠だとテストステロンの分泌量が減ってしまいます。
何故ならテストステロンのほとんどが睡眠中に分泌されるので質のいい睡眠をきちんととるように心がけて下さい。

 

 

またリラックスする時間を生活の中に取り入れてストレスを解消することが中折れ改善に繋がります。

 

 

その理由はテストステロンは副交感神経が優位な状態で分泌されるので、リラックスしていないと副交感神経が優位な状態にはなりません。

 

日々の生活の中で自分なりのストレス解消方法を身につけてリラックスすることが出来る時間を持つことが必要です。

 

 

逆にパソコン、テレビ、ゲームをしている最中は
自分なりにはストレス解消をしているつもりでも交感神経が優位になるので逆効果と言えます。

 

 

ゆっくり入浴するとか読書するといった時間の過ごし方をして下さい。

 

 

あと社会人になるとなかなか運動をする機会がないという人も多いと言えますが運動をすると筋肉が刺激されてテストステロンの分泌量が増加します。

 

 

だから筋トレ、ウォーキングを行う習慣を身につけることをお勧めします。
他にもネギ、玉葱、ニンニクに含まれる含硫アミノ酸にテストステロンの生成をサポートする作用があるので意識して食べるようにして下さい。

 

 

マスターベーションの方法を見直す

 

 

実は刺激が強いマスターベーションは中折れの原因となるので注意が必要です。

 

強い刺激に慣れてしまうと性行為の最中に女性の膣の中の柔らかい刺激では快感を得ることが出来ずに射精をすることが出来ません。

 

 

また射精出来ない状態、刺激が足りない状態が続くと当然勃起した状態を維持することが出来ずに萎えてしまいます。

 

 

医学的にこの状態を膣内射精障害と言って男性の不感症を指す言葉と言えます。

 

マスターベーションでは射精することが出来るのに女性との性行為では射精することが出来ないといった人も少なくないのです。
そんな人は弱い刺激でも射精することが出来るようにマスターベーションの時に徐々に慣らす様にして下さい。

 

 

クリニックでの治療

 

中折れはクリニックでの治療も行っています。

 

生活習慣の改善やマスターベーションの方法を見直しても改善しない場合は専門のクリニックで治療することをお勧めします。

 

 

その方法は薬による治療とEDウェーブと呼ばれる機器を使用し血流改善治療を行う方法とがあります。

 

ちなみに中折れの治療薬としてはレビトラ、シアリス、バイアグラといったED治療薬が使用されます。

 

 

これらの薬は男性用の勃起薬として男性器周辺の血流の流れを促すことで勃起力を高め中折れを予防する効果が期待できます。
その他にもあまり知名度は高くありませんがバイアグラのジェネリック、カマグラゴールドがお勧めです。

 

 

カマグラは中折れ防止にかなり効果があります。
バイアグラと成分は同じジェネリック医薬品なので値段はかなり安価となります。

 

 

あと病院に行くのに抵抗がある人は中折れ対策として、
効果のあるサプリなどの商品も販売されているので試してみるのも1つの手です。